終戦記念日に思うo

先日の朝ドラで

宗男さんがビルマに行ってた話を見て

それから ビルマでの戦いの事が気になって

ビルマの戦いのことを調べてみた。

 

と言うのも 私の祖父が

ビルマに出兵してたから。。。

 

小さい頃に 祖父から何度か話は聞いた。

でも 理解出来てなくて

聞き流してた記憶がある。

 

調べて ビルマの戦いの記録をみると

当時の祖父の心情や目の前に広がる光景を

想像して 涙が出た。

 

生前に聞いた祖父の話で

今でも覚えているのは

『水筒の話』

今にも 死にそうな時

ある人が『これあんたのでしょ』と

渡してくれた 水筒で命拾いしたと。

微かに残ってた 名前を見て

その人は祖父に渡してくれたのだけど

後々みると 似たような名前の

別の人のものであったらしい。

f:id:comugibito:20170815202820j:image

【写真はお借りしました】

 

晩年も 年に何度か

命の恩人だからと 会いに行ってた祖父。

今でこそ わかる…その気持ち。

あの戦況の中に垂らされた 蜘蛛の糸に

本当に心から感謝していたのだと。

 

 

傍若無人な祖父だった。

強烈な祖父だった。

敵も多かったと思う。

 

でもね 祖父がビルマで経験したこと

もしかしたらPTSDでの行動だったのかもと

今は 少し思っています。

もう知る由は ないので分かりませんけどね。

 

あのビルマの戦いを生き抜き

帰還してくれたからこそ

今 ここに私がいる。

ただ 感謝しかない。

 

 

戦後72年。

日本が このままずっと戦後であって欲しい

そして 世界の全ての国が

戦後になりますように…祈ってます。

 

 

Facebook 削除しまして。

シレっと Facebookのアカウントを

削除しました。

 

会社に所属して生きると決めた私。

だから Facebookの中の

世界の違う人たちが いる場所に

あまり魅力を感じなくなってしまったのだけど

惰性で見てしまうし

目の調子も 最近すこぶる悪くてね。。。

最近は ログアウトなるべくしてて

でも やっぱり見てしまうので

サックリ 削除しました。

 

何か 心の中のいろんなことに対して

最近 ケジメがついたせいもあるかな。

 

ワタシの持ってるチカラ

リーディング力やスピ力は

これからも使える時は使うし

気づかせてもらったから

この力は 大事にする。

会社の中で コソッと いろんな人を鑑定しつつ

見えてしまう 人の心も

『あ~そうなんだ』って感じつつ

この会社で生きると決めたので

見えないチカラだけに

頼って行くわけにはいかないなと。

会社って 超リアル社会(笑)

見えるモノ 結果がすべてですからね(^_^;)

 

見た目若いけど

今日から 新しい現場へ異動したけど

オット60歳ですから(^^;;

稼ぐ能力ある私が 稼ぐしかないっしょ(*`∀´*)

 

これからコツコツ働いて

私の頭の中の野望が実現されたら

 Facebookなんか無くても

また 繋がれる人とは繋がれると思うから。

 

その日まで ( ´ ▽ ` )/バーイ

 

f:id:comugibito:20170812002438j:image

 

オット久しぶりのベイクドチーズケーキ

今回は 粉少なめらしく

スフレみたいで 美味しかった♡

 

夢で逢えたらo

昨夜 あんなカードが出て

癒される存在…やっぱりジュリーかな~と

思いながら 音楽聴いてから睡眠。

 

そしたら もう十何年ぶりかに

大好きだった人が夢に出てきた。

大好きだった…と言うより

20歳ソコソコの小娘に

『人を愛する』という事を教えてくれた人。

人生で この人以上に

愛する人はいないだろうな…と

今でも 思ってる人。(オットよスマン)

 

そんな彼の 今に逢えた。

 

見慣れた街を 手を繋いで歩きながら

『おまえ いくつになった?』って聞かれたから

『えー37だよ』って答えたら

『じゃあ オレは47かー』って笑ってた。

 

声は 変わらなかったけどね

少し白髪が混じっててね

間違いなく 今の彼だった。

 

しばらく 黙って歩いてたけど

歩いてたら やっぱり好きだな~って思えて

思わず『やっぱポンのこと好きやわ』って

呟いてしまって

そしたら彼も

『オレもだわ…でもダメじゃん』って言って

微笑みながら 消えていきました。

 

 

実は…その彼

今の私の歳くらいで

亡くなってしまったのだけど

誰よりも 私の幸せを祈ってくれた人。

 

だから 今の彼に夢で逢えた事は

何だか 嬉しかった。

 

夢の中から 『オレちゃんとついてるから』って

メッセージ貰えたみたいで。

 

また 夢で逢えたらいいな♡

 

f:id:comugibito:20170805224444j:image

サラッとひいてみた。

f:id:comugibito:20170805003556j:image

 

癒される存在を思い浮かべて

涙を流せとな。

 

まさに その行動してる最中でした…

YouTubeで 沢田さん見ながら

泣いてたの^^;

 

 

ジュリコンinフェスティバルホール

オットの顔色を伺いつつ

娘を信頼し 留守番させて

念願の大阪のフェスティバルホールへ。

f:id:comugibito:20170802175724j:image(写真お借りしました)

ジュリーが 世界一大好きなホール。

ずっと 来たかったのです。

コンサートの終了時間を考えると

大阪は必ず泊まりになるので

学校のない 夏休みならと行ってきました♡

50周年 コンサートで来れて良かったです^^*

 

まずはフェスの大階段に感動し

f:id:comugibito:20170802180348j:image(写真お借りしました)

中に入ってからの 客席の多さに圧倒

f:id:comugibito:20170802180454j:image (写真お借りしました)

 

私の席は 3階席の左より。

高くて 急で、私は立てなかったので

終始 座っての鑑賞となりました。

f:id:comugibito:20170802214006j:image

こんな感じ

 

ありがたい事に ここ最近は

ずっと神席を頂いていたので

久々に ジュリーから遥か遠い場所。

でも フェスでこの席 頂けたことは

良かったと思えてます。

全体が見渡せる場所で

ライトの中で 歌うジュリーが

神々しくて…綺麗でした。

 

ジュリーの舞台やコンサートの度に

わたしがファンになった日からの事

走馬灯のように思い出します。

あ~この曲に 声に

わたしは生かされてきたんだなと

生のジュリーを見る度に感じるのです。

 

デビュー50年を迎えた ジュリーは

衰えるどころか 素晴らしい声で

1曲目の第一声を聴いた途端に

鳥肌がブワッと立ち

思い入れのある曲では

思わず涙腺崩壊してしまうところも。

 

6年経って どん底から抜け出して

この フェスティバルホール

ジュリーを見つめ 歌を聞ける

幸せを 噛み締めた そんな日になりました。

 

言葉では言い尽くせない

ジュリーが重ねてきた 人生の重さ。

全てを背負った あなたの背中を見つめて

わたしは また頑張れます♪

 

次は1ヶ月半後 その日まで

バタバタしようと思います。

 

f:id:comugibito:20170802211436j:image

 

f:id:comugibito:20170802211539j:image

ライブ終わりで 道頓堀へ。

夜の道頓堀…なかなか手強い(笑)

 

 

大切な人へプレゼントo

娘さんと 夏休みに

映画を3本 見る予定があるので

大野城イオンへ。

でも、その前に 大切な人へのプレゼントを

買いたくて

ちょうど まどかぴあ出展されてる

リトルギャラクシー植木さんのところへ

行ってきました。

リトルギャラクシー☆妊娠・出産・育児・月経・子宮・妊活・マヤ暦・数秘&カラー

f:id:comugibito:20170731221619j:image

 どうしても布ナプキン

オススメしたい人がいて

トライアルセットを購入。

プレゼントしようと思います^^*

 

その後は イオンに戻って

f:id:comugibito:20170802172625j:image

面白かったですよ。

大野くん 結構好きだし

面白かったけど

劇中含め 結末まで何ともモヤッとする

物語だったなと( ̄▽ ̄;)

 

娘の希望は あと一本。

 

何はともあれ 娘が外出できるようになって

良かったなと…

お腹空くと機嫌悪くなりますけどね(苦笑)

うつヌケo

中身は読んでないけど 目に止まった本。

f:id:comugibito:20170730214720j:image

 

中学時代から ずっと抱いてきた自殺願望。

ふと 昨年

『最近 死にたいと思わなくなったな』って

思った。

 

とにかく ずーっと死にたかった。

辛くても死にたかったし

幸せでも この幸せを抱いて 死にたいと

思ってた。

 でも 死ねない自分が 嫌だった。

とにかくずーっと 死にたかった。

 

それが 気づくと消えてた。

 

たぶん これが、うつヌケなんだろうなと

本読んでないけど 思った。

 

波はある。

多分この先も 落ち込むこともある。

『落ち込みの激しい黒ひょう』だし(笑)

 

でも うつヌケできてる 今のような時間が

ある事を 忘れないでいようと思う。